おじさん おやじ 親父 おっさん オヤジギャグ くだらない おじくみ オジクミ  おじくみ オジクミ

世間から特別話題にされることもないおじさんを、時には優しく、時には厳しく見つめていきます。どうぞ皆様もあたたかい目で見守り、ジェントルマンなおじさんを組み立てて鑑賞しましょう。

当サイトは老眼の方を考慮し、文字の大きさを15ポイント以上で表示するよう心がけます。

「カナブン」

虫が苦手です。

 

子供の頃はいろいろと虫を捕まえていたのに。

今は触る事すらままなりません。

 

同僚数人でランチに出かけた時の事です。

いつもの定食屋に向かっていると、

同僚のひとりが私の肩を見て、

「オジクミさん、虫!」

 

もうその一言で私は自分を制御できなくなり、

虫を払う事もせず、とにかく肩を揺すり小走りを始めます。

 

そんな時はなぜか内股となり、言葉もオネエっぽくなります。

きっと私の中に潜在する女子力が目覚め、

全力の助けを周囲に求めだすのでしょう。

 

店に入り落ち着くと、我を忘れた行動に自分が信じられません。

しかしもっと信じられないのは、

私の醜態を見ていた同僚たちなのでしょう。

(2014年8月某日)

「H54」

エコキュートが壊れ、お湯が出ません。

メーカーに電話すると、

37,000円くらいの修理代を見ててくださいと言われました。

イラストはその瞬間の私です。

 

冬まで水で我慢するから3,000円くらいにならないかと

メーカーの人に言いたかったです。

 

タイトルの“H54”はその時リモコンに表示された

エラーコードでした。

 

今朝ちょっとだけ秋を感じました。

(2014年8月某日)

「シロクマ」

最近、氷菓子の“九州名物シロクマ”にハマってます。

エアコンの効いた部屋で、

一杯のシロクマは私にとって至福の時間。

 

お盆休み、その日2個目のシロクマを食べようと

冷蔵庫から出しますと、

カミさんが「1日に2個は体に良くない」と、叫んでます。

 

たしかに成人病を少なからず抱える私にとって、

糖分の摂取も気にしないといけないところ。

大のオトナが下唇をつきだし、

またアイスを冷蔵庫に戻す様は何とも情けなく、もどかしい。

 

子供の頃もアイスが1本では足りず、

よく親にごねたものですが、

お腹を壊すからと、食べさせてもらえませんでした。

そんな時はいつも

「大人になったら好きなものを好きなだけ食べてやる」

と思ったものです。

 

しかし大人になればなったで、

やはり好きなものだけをたくさん食べるというのは

難しいようです。

 

まだまだ暑い! 熱中症にはみなさん気を付けてください。

(2014年8月某日)

「氷イチゴ」

楽しい夏休みをお過ごしください。

(2014年8月某日)

「おじさんのお盆休み」

オジサンはこれを試さずにはどうしても家に帰れなかった。

(2014年8月某日)

「8月のクラゲ」

海水浴へ出かける方

クラゲにはご注意ください。

(2014年8月某日)

 

「男の野望」

(2014年8月某日)

 

「暑中お見舞い申し上げます」

少しでも清涼感をと思ったのですが、

余計に暑苦しくなりまして申し訳ありません。

おじさんは何をやっても暑苦しいです。

 

ちなみにこのイラストの方は

以前に弊社で経理の仕事をしていて、

口癖が

「僕は糖尿病のクスリを一生飲みつづけるんだ」

「一生だよっ」

の森口さんです。

どうでしょう、似てますか?。

(2014年8月某日)

Copyright (c) 2013 pop dotworks, Inc. All Rights Reserved.